Teslaも自動運転技術を開発中

By | 2013年9月23日

(元ネタ:CNET)Tesla developing self-driving for Model S
http://reviews.cnet.com/8301-13746_7-57603492-48/tesla-developing-self-driving-for-model-s/

Elon Muskいわく、Tesla社はModel Sへの追加技術として自動運転機能を開発中とのことだ。3年以内の実用化を目指すという。

“Model S”が昨年発売された際に、競合他社に対してひとつの機能が欠如していた。それはドライブアシスタント。クルーズ走行、死角モニタリング、レーンを外れた際のワーニング、などだ。Tesla社のCEO Elon Muskはこの事態打開に対して明確な方向性を打ち出した。

ロイターによると、Muskが言うところによるとTeslaは自動運転技術をModel S向けに開発中だ。3年以内に搭載されるという。
この技術により運転作業の90%はカバーされるという。完全な自動運転は次のモデルでのフィーチャーとなる。Teslaは自動運転技術に関するエンジニアのポジションに空きがある。Muskいわく、この技術は全てインハウスで開発する予定だとのことだ。奇しくも強力な対抗馬となるGoogleのお膝元、シリコンバレーでだ。

Teslaだけが自動運転技術を開発しているわけではない。今年のCESでAudiは生産品搭載レベルのセンサーやコンピューティングシステムの展示を行っていてビデオツアーでは自動運転技術について触れていた。新しいMercedes-Benz S550 には非常に先進的な自動運転技術が搭載される。クルーズ走行、そして渋滞時の自動運転機能 “Traffic Assist”などだ。Cadillacはそれと似たような自動運転機能をアナウンスしているが、まだ製品としてはリリースされていない。

Frankfurtで行われたショーではFordのスポークスマンMark Schirmerは「完全な自動運転よりも、近い将来は事故防止やストレス軽減のためのアシスト機能の方に重点を置いて技術開発をするつもりだ」とCNETにコメントした。さらにSchirmerは、これらのアシスト技術は高齢者の運転に大きな助けとなると指摘している。


コメントを残す